Ita-sha (イタ車) is not Italian Car

June 12, 2012 at 9:54 am Leave a comment

「痛車」(若者の間では、痛い=ひどい、つらいという意味に使われている)と書いて、Ita-shaと読む。

イミダスによると
「アニメやゲームなどのキャラクターのステッカーを張ったり、それらのペイントや、改造を施した車のこと。東京の秋葉原や、コミックマーケットなど大規模な同人誌即売会の駐車場などに出没する。現実には存在しない2次元のキャラを溺愛し、そのキャラの描かれた車で走り回ることを、自虐的に「痛い」と表現。派手なデザインが多いイタリア車の俗称(イタ車)にかけて、その名で呼ばれるようになった。同様の装飾がなされたオートバイは「痛単車(いたんしゃ)」、自転車は「痛チャリ(いたちゃり)」などと称されている。2000年ごろからアニメファンの間で話題になり始め、インターネットのコミュニティーなどを通じて愛好者が増加。各地で展示会が開かれたり、07年4月には痛車のグラビアや、作り方などを収めたムック本も発売されるなど、ひそかなブームに。痛車をデザインして走らせることができるレースゲームのゲームソフトも注目を集めている。」とのこと。
[イミダス編] [2007.09]

”痛車[イミダス編 文化・スポーツ]”, 情報・知識 imidas, ジャパンナレッジ (オンラインデータベース), 入手先<http://www.jkn21.com>, (参照 2012-06-12)

画像はここをクリック。 Click following link for images of Ita-Sha.
http://plaza.rakuten.co.jp/hoihoi123/diary/200711090000/

Entry filed under: Uncategorized. Tags: .

“Memories of Hiroshima and Nagasaki: Messages from Hibakusha” Now in English Japanese Studies Fellowships 2013-2014

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


Archives

Locations of visitors


%d bloggers like this: